読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ローン&我が子の教育

教育ローンにまつわる奮闘と教育費情報について書いていきます

国の教育ローンを今年使う予定の人で【光熱費をクレジット払い】にしている人は、今月からクレジット明細をきっちり保管しておいてください!

国の教育ローン

f:id:kyouikuloans:20170404181800j:plain

桜もほころび、新年度が始まったところで、わが子をどうにか進学させた方々はようやくホッとしている頃でしょうか?いやいや、まだ教材費や諸経費で気が抜けないんですよ…という方もいらっしゃるでしょう。実は筆者も、わが子が大学生と高校生。大学生の子供は国の教育ローンと奨学金を利用していますが、まさしく教育費の嵐の真っ只中です!

さて、今日は
「今年、国の教育ローンを使いたい人は、クレジット明細を捨てないできっちり保管しておいてください!」という内容です。

 

国の教育ローンの申し込みには、公共料金の領収書が6カ月分必要です

必要書類が多いことで有名な?国の教育ローンの申し込みですが、直近6カ月分の預金通帳の提出を求められるのを知っていますか?これは、住宅ローンや家賃の支払いが滞っていないか・公共料金の支払いが滞っていないか、を確認するためだそうです。

公共料金は「電気・ガス・水道・電話」などの中から2種類以上を確認できれば良いそうですが、筆者が利用する際にあわてたのが、「我が家は通帳で公共料金の領収が確認できない…」という点です。

というのも、自宅がオール電化でガスの利用がなく、電気代も固定電話代も携帯電話代もすべてクレジット払いにしていたため、通帳では水道代の支払いしか確認できなかったからです。

最寄りの日本政策金融公庫の支店に相談したところ、次の指示をいただきました。

・まずクレジットの請求書(明細)を6カ月分用意してください
請求代金が口座から引き落としになっている部分が突き合わせて確認できるよう、分かりやすく通帳をコピーして、請求書と一緒に提出してください。

筆者はフリーランスのライターなので、仕事用にクレジットカードで買ったものもあることから、きちんとクレジット明細を保管していたのが幸いしました!無事に公共料金の支払いを証明できて、国の教育ローン審査通過となりました。

今月からクレジット明細を保管しておくと、私立大学の入試が始まる秋頃までには半年分たまります

公共料金をクレジット払いにしている場合で、クレジット明細は引き落としが終わった時点で破棄してるわ…という人でも、もしお子さんが進学を控えているなら、もしかしたら国の教育ローンのお世話になる可能性があるかもしれません。万一に備えて、今月からクレジット明細をきちんと保管しておいてください。いざというときに慌てなくてすみますよ!

 

以上、今年国の教育ローンを使う予定の人で【光熱費をクレジット払い】にしている人は、今月からクレジット明細をきっちり保管しましょう、という内容でした。

 

参考リンク:

筆者の体験談をもとに、国の教育ローンの申し込み方法をまとめています。

kyouikuloans.hatenablog.com