教育ローン&お金の問題

教育ローンや奨学金、「お金を借りること」にまつわる我が家の奮闘について書いていきます

新しい入試の形!?AL(アクティブ・ラーニング)入試って、どんな試験?

Autumn Arrives ... and Autumn Leaves

秋も深まり、ついに本格的な大学入学試験の季節に突入しました。

大学入試はほとんどの学校で、学力試験だけではなく色々な方式が採用されており、学生にとっても選考の機会が増えています。さまざまなアプローチが選べますし、行きたい大学に何度も挑戦することもできます。

そのような流れの中、ここ数年、新たに、AL(アクティブ・ラーニング)入試と呼ぶ選考を行う学校が出てきました。アクティブ・ラーニングとはあまり耳慣れない言葉ですが、どんな試験をするのか、どんな準備が必要なのか、気になるところです。AO(アドミッションズ・オフィス)入試の方は入試方式としてすっかり定着してきましたが、AL入試とAO入試は違うものなのでしょうか。

今回は最近注目の「AL(アクティブ・ラーニング)入試」について取り上げます。

*教育費のつなぎ融資に最適な低金利カードローン

▼30日無利息の大手カードローン

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

レイクALSA

▼三井住友銀行ユーザーなら

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

▼金利で選ぶなら銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン

住信SBI銀行カードローン

「アクティブ・ラーニング」とはどんなもの? 

Squirrels in Ann Arbor at the University of Michigan - October 9th, 2018

アクティブ・ラーニングとは、文字通り、「主体的な学び」のことです。もともとは入試の用語ではなく、学校での授業のスタイルで使われています。

今までの教育方法とは、先生が教壇に立ち、大勢の生徒を前に教科書に沿って教えるのが一般的でした。しかしアクティブ・ラーニングはそんな受け身の授業ではなく、生徒が主体となって学ぶ、能動的なやり方で進める学習の形態のことを言います。

アクティブ・ラーニングは文部科学省が推進!

文部科学省が定めている学習指導要領は、約10年ごとに改訂されます。アクティブ・ラーニング型の学習は、2020年度から順次実施される次期学習指導要領で、小学校・中学校・高等学校に導入される見通しとのことです。

なぜアクティブ・ラーニングが推進されるのか。

それは、2020年度に大学入試改革が行われることが大きいでしょう。今までの大学入試センター試験が廃止され、新しく「大学入学希望者学力評価テスト」が導入されます(11月10日~11日に大学入学共通テストの2度目の試行調査がありましたね!)。このテストは、従来のような知識を問われるのではなく、「思考力・判断力・表現力」など、主体性や意欲等が評価される仕組みのようです。このテストの詳細は明らかになっていませんが、新しい入試の対策として、アクティブ・ラーニングの学習方法は有効と思われます。

文部科学省「教科等の本質的な学びを踏まえたアクティブ・ラーニングの視点からの学習・指導方法の改善のための実践研究」

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1401806.htm

アクティブ・ラーニングの手法を使った授業とは?

アクティブ・ラーニングは、今の授業スタイルにも簡単に取り入れることはできるでしょう。

先生の説明を重要な基礎程度にとどめ、後は生徒が一人で、もしくはグループに分かれて課題について調べ、まとめて発表する。分からないことは自分から先生に質問しなくてはならず、これもアクティブな行動です。生徒同士で教えあったりするだけでも効果はあるでしょう。頭の中では分かっていてもそれを人に説明するのは難しいものです。フィールドワークを取り入れる授業もあれば、情報の科目に力を入れることもあるでしょうね。

現行の学習指導要領でも「総合的な学習の時間」があり、学校現場ではすでにおなじみになってきているスタイルです。そのやり方をもっと進めて、様々な形で教科の学習に取り入れていくということでしょうか。

AL(アクティブ・ラーニング)を使った入試の実施について

Autumn color

実際にAL入試は、どのような感じで行われているでしょうか?

中学入試での実施

アクティブ・ラーニングは、2020年以降の大学受験に必要な力になってきます。それを見越してか、最近は中学入試で、AL入試を取り入れている学校が増えてきています。思考力や表現力を問う入試は首都圏の私立中学校でよく見られ、全国に広がっていったようです。

大学入試での実施

大学入試でも、いくつかの大学でAL(アクティブ・ラーニング)入試が行われています。AO入試と同様、早くから選考が始まり、秋にはAL入試は終わっているところが多いようです。

ただ、今からでも間に合う大学もあります。

学校法人田村学園多摩大学では、今年度から新たにAL入試が実施されることになりました。経営情報学部とグローバルスタディーズ学部があり、それぞれプレゼンテーション型の入試が行われます。合格者は全員が特別給費生としての基準に達した者として、特別給費生になれるようです。出願期間は2018年11月19日(月)~12月4日(火)、試験日は12月9日(日)なので、今年中に合格を勝ち取りたい方はAL入試での受験を検討してみては?

多摩大学受験生応援サイト2018
https://www.tama.ac.jp/admission/index.html

AO(アドミッションズ・オフィス)入試との違いは何?

Studying

よく似たワードでAO入試というのがありますが、AL入試はAO入試とは違うのでしょうか?

AO入試とは?

AO入試は、1990年に慶応義塾大学が導入したのが始まりで、その後、広く取り入れられるようになってきた入学試験の形のひとつです。推薦入試や一般入試よりも早い時期に行われることが多く、夏休み前後に合格が決まることもあります。学力試験ではなく、内申書・面接・小論文等で多面的に評価して合格者が決まります。

AO入試とAL入試の違いは?

大学によっては、AO入試のコースのひとつにAL型入試がある(西武文理大学等)学校もあり、AO入試をAL入試に変更した(女子栄養大学等)学校もあります。AO入試の選考の中にグループ討論があるところもあり、AO入試でありながら、AL入試と似たような性質を持っているところもあります。

但し、AO入試とAL入試のどちらもある大学の要項を見てみると、AO入試は書類審査と面接等で評価され、AL入試はそれにプラスして決められたテーマでのプレゼンテーションやグループ討論等を課されるようです。

前述の多摩大学もAO入試・AL入試の両方がありますが、AL入試の合格者の全員が特別給費生として最大98万円の奨学金の給付があるところを見ると、AL入試の合格者をより優秀な学生として期待しているのがうかがえます。

まとめ

Autumn impressions

アクティブ・ラーニングは今後の入試で注目される力ですが、自ら興味を持って物事を追及していく姿勢は社会に出てからも役に立つことでしょう。知識を集めるだけでなく、それを応用、活用し自分で道を切り開いていける力は、人生をますます楽しく豊かにしてくれそうです。

以上、「新しい入試の形!?AL(アクティブ・ラーニング)入試って、どんな試験?」という内容でした。

*教育費のつなぎ融資に最適な低金利カードローン

▼30日無利息の大手カードローン

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

レイクALSA

▼三井住友銀行ユーザーなら

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

▼金利で選ぶなら銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン

住信SBI銀行カードローン

参考リンク:

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

【最新情報】国の教育ローン金利が1.76%で継続!平成30年11月以降

安心して利用できる教育資金の第一選択肢と言えば、日本政策金融公庫教育一般貸付、通称「国の教育ローン」です。

国の教育ローンは、教育資金の調達方法・制度として、奨学金と並び多くの家庭で利用します。本人への貸与ではなく保護者が借りる教育ローンで、学費だけでなく生活費などへも利用できる、汎用性の高い教育ローンです。

低金利で利用者の多い「国の教育ローン」の金利見直し時期は、毎年5月と11月。国の教育ローン情報を発信している筆者としては、この時期になると、金利動向が気になります。

2017年(平成29年)4月3日現在には、日本政策金融公庫の公式ホームページでは金利は年1.81%(固定金利・保証料別)と案内されていました。見直しの可能性があった5月以降も変動はなく、10月末まで金利変更の兆しはありませんでした。

その後2017年11月、ついに国の教育ローンの金利が引下げに。そして1年後の2018年11月以降も、継続される模様です。

国の教育ローン利用者必見の金利情報、当サイト独自調べで、今までの推移と最新の金利情報をお伝えします。

【追記】日本政策金融公庫のホームページにも2018/11/10現在として最新金利が表示されました!

教育一般貸付(国の教育ローン)|日本政策金融公庫

*教育費のつなぎ融資に最適な低金利カードローン

▼30日無利息の大手カードローン

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

レイクALSA

▼三井住友銀行ユーザーなら

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

▼金利で選ぶなら銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン

住信SBI銀行カードローン

国の教育ローン、2018年11月以降の金利は?

Nabananosato 061009 #12

2018年11月以降の金利がホームページで発表され、引き続き1.76%で利用可能です。これは1年前に引下げられた金利の継続で、最低水準となっています。2018年度に教育費の借入を検討している方には朗報です。

▼【よく読まれています!】国の教育ローンの申し込み体験談はこちら

kyouikuloans.hatenablog.com


▼教育一般貸付(国の教育ローン)
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

【アーカイブ】2017年(平成29年)11月10日より金利引き下げへ

Early autumn sky 20140907-3

最新の金利情報では、2017年(平成29年)11月10日より、国の教育ローンの金利が1.76%に引き下げになります。

11月1日時点で年1.81%(固定金利・保証料別)だったので、0.05%の引き下げですね!

実は国の教育ローン、保証料も2017年10月2日から値下げになっているんですよ!教育費調達シーズンを前に、保証料・金利ともに引き下げとなり、利用者には立て続けにうれしいニュースです。

kyouikuloans.hatenablog.com

国の教育ローン、賢い申込みのタイミングは?

国の教育ローンはお金が必要になる2~3か月前に、早めに申し込んで、審査を通しておくのがスムーズに利用するコツ。私立大学や専門学校など早めに進路が決まり、入学金費用・進学費用として利用する場合は、夏~秋にかけて申し込みを行う人が多いです。(その場合、2017年は年1.81%(固定金利・保証料別)で利用した人もいるでしょう……)

しかし、利用者が急増するのは年末~春にかけてです。申込みが集中すると最長で融資まで20日程度かかる見込み。入学金などの納付期限に間に合わない!なんてことがないように、早めに審査まで済ませておきましょう。

国の教育ローンは本当に低金利なの?

Dandelions

国の教育ローンが設定している利率:年1.76%(固定金利・保証料別)は、ローン金利としては確かに低金利と言えます。また固定金利なので、借入時に返済額の見通しが立てやすいです。

注意点としては、保証人・連帯保証人を立てるか、機関保証を利用しなくてはいけない点が挙げられます。機関保証を利用する場合は、借入時に保証金を一括天引きされます。申し込んだ金額(元金)満額は振り込まれませんので、機関保証を利用の場合はご注意ください。

一方、銀行や信用金庫、JA、ろうきんなどの民間教育ローンは、だいたい3%~4%程度の設定になっているのを多く見かけます。ただ、銀行教育ローンは、保証料が含まれているのがほとんどです。また数は少ないですが、まれに団体信用保険(団信)が付けられる場合があります。

キャンペーンで金利が大きく引き下げられている教育ローンもあります

kyouikuloans.hatenablog.com

国の教育ローンや銀行教育ローン、奨学金に不足している「融資スピード」を補ってくれる銀行カードローンの場合でも、金利が下がってきているものがあります。一例ですが、オリックス銀行カードローンは年利1.7%~17.8%(利息は限度額により異なります)と、最低金利を国の教育ローン並みに引き下げてきており、保証料も不要です。住信SBIネット銀行カードローン(Mr.カードローン)も低金利で人気ですね。銀行教育ローンよりは融資までの期間が短い場合が多いので、急ぎの資金調達にも対応可能です。

※銀行カードローンは審査方法の変更に伴い、2018年1月以降は即日融資が事実上停止しています。ご注意ください。

銀行カードローンは即日融資できません

kyouikuloans.hatenablog.com

教育費の調達方法・借り入れ方法は多様化しています。ご家庭でよく比較検討してくださいね。

なお、国の教育ローンを利用する場合は、申込対象の条件や世帯年収上限(給与所得や事業所得ごと)の設定などがあります。また、申込期間が設定されておらず、いつでもインターネットや窓口で申し込み・手続きできます。在学中の学生分としてももちろん貸付してくれます。必要書類など、詳しくは日本政策金融公庫のホームページをご覧ください。返済シミュレーションもあります。

2017年11月10日以降は新しい金利で返済シミュレーションできるので、返済額などを確認してから利用するようにしましょう。

国の教育ローン、金利見直しポイントは決まっている?

Sky

念押しになりますが、国の教育ローンは、5月と11月に金利見直しを行っています。必ず変更される、というわけではなく、そのままの金利で継続する場合もあります。

注意いただきたいタイミングは、進学・進級前に「新学期頃の利用を検討している」という場合、入学・進級後に気が付いたら金利が変わっていた、というケースです。教育ローンを利用する際には、常に金利情報にご注意くださいね。こちらのサイトでも随時ご紹介いたします。

※2018年5月、11月は金利変更はなく、1.76%で案内されています!

以上、「【最新情報】国の教育ローン金利が1.76%で継続!平成30年11月以降」という内容でした。

*教育費のつなぎ融資に最適な低金利カードローン

▼30日無利息の大手カードローン

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

レイクALSA

▼三井住友銀行ユーザーなら

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

▼金利で選ぶなら銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン

住信SBI銀行カードローン

参考リンク:

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com