教育ローン&お金の問題

教育ローンや奨学金、「お金を借りること」にまつわる我が家の奮闘について書いていきます

海外留学も「国の教育ローン」でカバー!令和元年(平成31年度)より3カ月の短期留学も対象

低金利、固定金利で、安心して使える「国の教育ローン(日本政策金融公庫の教育一般貸付)」は、海外留学のために費用にも使えます。

令和元年(平成31年度)より、従来の「6カ月以上の留学が対象」という要件が変更になり、3カ月の短期留学から対象になりました。

*教育費のつなぎ融資に最適な低金利カードローン

▼30日無利息の大手カードローン

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

プロミス(WEB完結・郵送物一切なし)

レイクALSA

▼話題のAIスコアレンディング

J.Score(ジェイスコア)

三井住友銀行ユーザーなら

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

▼金利で選ぶなら銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン

住信SBIネット銀行カードローン

国の教育ローンは、どんな海外留学で使えるの?もっと詳しく!

国の教育ローンを海外留学に使うには、次のような人が対象になります。

・中学校卒業以上の人の留学
・外国の高等学校、短期大学、大学、大学院、語学学校などへの留学
3カ月以上の留学

借入金は、入学費や授業料だけでなく、住居費用や渡航費用(航空運賃やパスポート取得費用など)、教科書代やパソコン購入費用など、幅広い用途に使えます。

国の教育ローンを海外留学に使う場合の優遇措置はある?

通常、国の教育ローンは、学生一人当たり350万円まで借り入れが可能ですが、海外留学に使う場合は450万円まで拡充されます。

また、借入条件のうち、「世帯年収(所得)上限額」が緩和されます。

例えば子どもが2人以内の家庭では、通常は

子ども1人⇒世帯年収(所得)の上限額が790万円(590万円)
子ども2人⇒世帯年収(所得)の上限額が890万円(680万円)

……ですが、海外留学に使う場合は世帯年収(所得)の上限額が990万円(770万円)まで拡充されます。

国の教育ローンの金利、返済期間は?

国の教育ローンの金利は、2019年(令和元年)5月より、1.71%(固定金利)に引き下げられ、より低金利に。返済期間は15年以内と、十分な期間が設けられています。もちろん早く返済することも可能です。

申込みはインターネットから可能です。申込み手続きの詳細はこちらも参考にしてください。
実際に申し込んだ体験談から賢い申し込み方法が分かりました!

kyouikuloans.hatenablog.com

以上、海外留学も「国の教育ローン」でカバー!令和元年(平成31年度)より3カ月の短期留学も対象、という内容でした。

*教育費のつなぎ融資に最適な低金利カードローン

▼30日無利息の大手カードローン

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

プロミス(WEB完結・郵送物一切なし)

レイクALSA

▼話題のAIスコアレンディング

J.Score(ジェイスコア)

三井住友銀行ユーザーなら

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

▼金利で選ぶなら銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン

住信SBIネット銀行カードローン

参考リンク:

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com