教育ローン&お金の問題

教育ローンや奨学金、「お金を借りること」にまつわる我が家の奮闘について書いていきます

即日融資できる銀行カードローン一覧と即日融資の契約手順

f:id:kyouikuloans:20171024125629j:plain

当サイトでも取り上げてきた「銀行カードローン多重債務問題」。2017年で入ってきた一番大きなニュースは、やはりこちらでしたね。

2018年(平成30年)より銀行カードローン審査が変わります。即日融資が不可能に!

kyouikuloans.hatenablog.com

 急な教育費調達に安心して使えるアイテムとして取りあげてきましたが、最大のメリットだった即日融資が使えなくなるのは、とっても残念です。

ただ……審査内容が変更になる、と伝えられているのは、2018年(平成30年)1月から。2017年のうちなら即日融資が可能なのでしょうか?

*今日 借りたい人は以下の即日融資キャッシングへ

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

レイクALSA 

サイトでは「即日融資」の表記なし。CMも打ち切りへ……

f:id:kyouikuloans:20171024125959j:plain

「来年から即日融資ができなくなる」というニュースが駆け巡ったあと、各銀行カードローンのサイトから「即日融資」という表現がなくなりました。これは、融資のスピードを強調して、あおるような表現を自粛しようという働きや、来年から事実上即日融資ができなくなるので、融資スピードに訴えるのをやめよう、という流れから、各金融機関が自粛したものと思われます。

最短審査○○分、とか即日融資という表記を自粛、というニュース

kyouikuloans.hatenablog.com

また、初めはCMでも融資スピードをアピールする表現は自粛、という流れでしたが、結果的にCMそのものを一度打ち切ることになったようです。

参考リンク

www.asahi.com

審査方法の変更まで約2か月。今、即日融資は可能?まだ間に合う?

f:id:kyouikuloans:20171024130436j:plain

有名銀行カードローンのサイトを見ると、やはり「審査最短○○分!」や「即日融資可能!」といった、今まで良く見かけた表現は、すでに使われていないようです。

しかし、現時点では、申し込み方法や融資までの流れで、大きく変わっているような箇所は見つけられませんでした。

例えば「即日融資」の文字はなくても、あらかじめ必要書類を用意し、「テレビ窓口」「ローン契約機」を使って申し込めば、「その場で審査しカード発行します」などと書かれています。
もしくは、「インターネットで申し込み、契約完了すれば、カード発行前にすぐに振込融資が可能です」などと書かれているものもあり、これも契約がうまく運べば、申し込んだ日に融資が受けられる、という意味ですね。

つまり、システムとしては、「まだ即日融資が機能しているのでは?」「即日融資、まだ間に合うのでは?」ということ。審査方法自体が変わる前、つまり2017年中なら、まだ銀行カードローンの即日融資、使えそうです。

今のうちに申し込んでおきたい人へ!絶対失敗しない即日融資の方法

f:id:kyouikuloans:20171024130735j:plain

では、駆け込みで即日融資を利用したい人のために、即日融資を成功させるための基本をまとめておきます。審査がややこしくなる前にカードだけ作っておこう!という人も参考にしてください。

即日融資を成功させるには、申し込み~融資までの流れをきっちり理解しておく!

即日融資は、申込み~融資までを1日で済ませる、ということです。もっと具体的にいうと、1日のうちに次のような手順を踏まなくてはいけません。

・申し込み
・審査
・在籍確認の電話
・審査通過→必要書類の提出
・融資

ここまでを申し込んだその日に終わらせます。この一連の流れをスムーズに完了するために、注意すべき点は何でしょうか?

申し込みは審査が行われている平日であること

融資には審査が付き物ですが、審査を行っている保証会社が、365日休みなしに審査を行っている訳ではありません。よく「365日、24時間いつでも申し込めます!」と宣伝されていますが、あれはあくまでも「申込みはできる」という意味です。審査は保証会社の営業日・営業時間でないと、行ってくれません。つまり狙い目は「平日」です。

例えば早朝深夜や休日では、インターネットなどで申し込みは受け付けてくれても、審査は保証会社の営業日までお預けです。土日の申し込みでは、週明け午前中からの審査になります。祝祭日で翌日が平日の場合は、翌日午前中の審査開始です。

ただし……「銀行業務は土日祝日は休み」が常識ですが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは土日祝日でもテレビ窓口を利用して契約・カード受け取りが可能です。テレビ窓口の受付時間は通常9時~20時ですが、土曜・祝日は10時~18時、日曜は10時~17時と短縮されていますのでご注意を!

在籍確認がすぐにできるよう、自分の職場の営業日であること

審査には、働いている会社(勤務先)を確認する「在籍確認」という作業が必要です。これは、審査する側が申し込んだ人の職場に直接電話を掛けて、実際に勤務しているかどうかを確認します。

在籍確認は、本人と必ず話さないといけない、ということではありません。例えば、もし会社を休んでローンを申し込んだとします。その日に電話を掛けられると、もちろん本人は会社にいない訳ですが、「○○さんは本日休暇を取っております」と社内の人が答えてくれれば、その職場に所属している証明になり、在籍確認としてはOKです。

なお、在籍確認の電話は、銀行名で掛けてもらえます。例えば三菱東京UFJ銀行カードローンなら、「三菱東京UFJ銀行の○○(担当者名)」で掛かってきます。「三菱東京UFJ銀行カードローン《バンクイック》の審査担当○○です」なんてことはありませんので、ご安心ください。

スムーズな手続きのために、必要書類をもれなく準備しておく

即日融資を行う場合は、必要書類をもれなく準備しておきます。どこの銀行カードローンでも、以下の書類をそろえておけば大丈夫です。

・本人確認書類(免許証、パスポートなど)
・収入証明書※(源泉徴収票や確定申告書、納税証明書、など)
 ※ただし、カードローン側が証明書不要と決めている限度額内で利用する場合は不要

また、提出書類ではありませんが、ローン申し込みの際は、勤務先の住所・電話番号・社員数(従業員数)・入社年月日などを記入する欄があります。あらかじめ分かるものを用意しておくと、申込みがスムーズに進みますよ!

窓口の営業時間や振込対応時間など、対応可能時間を調べておく

テレビ窓口やローン契約機など、いわゆる「無人契約機」を利用する場合は、窓口の営業時間に注意しましょう。当日の契約で振込で融資をしてもらえる場合は、銀行振り込みの対応時間に注意する必要があります。銀行での当日分の振込受付はだいたい14時頃です。したがって、14時までに振込融資が依頼できる状態(つまり契約が完了している状態)にしておかなくてはいけません。

手持ちにキャッシュカードにカードローン機能を付帯する場合(三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなど)や、契約機でカード発行の場合は、夕方~夜間まで即日融資対応可能な場合があります。

主な銀行カードローン「即日融資」の条件

ATM keypad 1/4

▼即日融資の比較早見表

銀行名

即日融資の方法※

保証機関(審査担当)

三菱東京UFJ銀行バンクイック

預金口座がない場合でも申込み可

・テレビ窓口でカード受け取り

アコム株式会社

三井住友銀行カードローン

口座がない場合でも申込み可

・無人契約機でカード受け取り

・手持ちのキャッシュカードにローン機能付帯

・ネットバンキングで振込

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

(プロミス)

みずほ銀行カードローン

即日融資は口座がある場合に限る

・手持ちのキャッシュカードにローン機能付帯

株式会社オリエント

コーポレーション

(オリコ)

オリックス銀行カードローン

口座がない場合でも申込み可

・ネットバンキングで振込

オリックス・クレジット株式会社

新生フィナンシャル株式会社

イオン銀行カードローン

即日融資は口座がある場合に限る

・振込で融資

イオンクレジット

サービス株式会社

オリックス・

クレジット株式会社

横浜銀行カードローン

申込みに居住制限あり(返済用に口座開設が必要)

10時までに申し込み、13時までに契約完了すれば原則即日融資(振込融資)

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

(プロミス)

住信SBI銀行カードローン(※狙い目!)

口座がない場合でも申込み可

・振込で融資

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

(プロミス)

新生銀行カードローンレイク(※新規申し込みは2018年3月末で停止)

口座がない場合でも申込み可

・自動契約機でカード発行

・ネットバンキングで振込

新生フィナンシャル株式会社

じぶん銀行カードローン

口座がない場合でも申込み可

・ネットバンキングで振込

アコム株式会社

※即日融資に対応している融資方法です。契約機でローンカードが即時発行できない場合は郵送で送られてきます。ローンカードが到着すれば、提携ATMから借入が可能です。

2018年(平成30年)1月以降は、即日融資ができるのは消費者金融系カードローンだけ

CWM_NOW_ATM__April_7th_2017_Friday_BW-284

来年から銀行でローンを組む際には、「警察庁のデータベースへの照会」というひと手間が審査に追加されるので、事実上銀行カードローンは即日融資ができなくなります。

したがって、今後「どうしても今日中にお金を借りなくては……」という場合は、消費者金融(プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAなど)しか対応できません。

基本的な流れは上で紹介した銀行カードローンと同じです。でも消費者金融はキャッシング・カードローンの本家本元です。融資スピードや顧客サービスは銀行カードローンよりも充実しています。
銀行カードローンよりは若干金利が高めで、初回に高額を借りにくい、など気になる点もありますが、どうしても今日中に融資を、という場合は頼りになるでしょう。30日間無利息、などの無利息期間が設けてあるのも消費者金融ならではのサービスです。だいたいインターネットを使えばWEB完結で来店不要で手続きできます。

銀行カードローンがダメならクレジットカードのキャッシングを使う!という人もいますが、クレカのキャッシングこそ高金利です。消費者金融の方が低金利の場合もあります。

キャッシングを使う際に一番大切なことは……

smile

銀行カードローンにしろ消費者金融カードローンにしろ、やはり金利の負担は大きいものです。返済をきちんと続ける、借り入れしっぱなしにせず定期返済だけでなくできるだけ早く返す、を心がけてください。例えばレイクALSA(レイクアルサ)なら提携ATM手数料がすべて無料なので、余裕のある時にATMから返済することが可能です。

以上「今ならまだ間に合う?即日融資できる銀行カードローン一覧と即日融資の契約手順」という内容でした。 

*今日 借りたい人は以下の即日融資キャッシングへ

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

レイクALSA

 

参考リンク:

奨学金の増額方法と合わせ、銀行教育ローンや銀行カードローンなどそのほかの教育費調達方法(借入方法)も紹介しています。

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com