教育ローン&お金の問題

教育ローンや奨学金、「お金を借りること」にまつわる我が家の奮闘について書いていきます

プロミスの即日融資に間に合う時間は何時まで? 「今日借りれる」3つの方法

大手消費者金融のプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は三井住友フィナンシャルグループの一員。メガバンクだから安心、というだけではなく、アプリローンやポイント還元などのサービスにくわえ、『即日融資が成功しやすい環境』が整っています。
消費者金融は銀行カードローンより金利がやや高いので、まとまった額の教育費として利用しづらいですが、突発的な出費に【ちょっとだけ借りる】のは”あり”。なぜなら、銀行カードローンは現在、即日融資が実質不可能だからです。

→即日融資できる銀行カードローンが絶滅!今日借りたい人はこの消費者金融カードローンに申し込むべし!

ここでは、【プロミスで即日融資を受ける方法】を徹底調査し、メリット・デメリットまで検証
これを読めば「急場をしのぐために今日お金を借りる成功率」が高まります。

▼レイクALSAも最短即日融資が可能です

kyouikuloans.hatenablog.com

▼即日融資できるキャッシングランキングは!?

kyouikuloans.hatenablog.com

*今日 借りたい人は以下の即日融資キャッシングへ

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

レイクALSA

 

プロミスで即日融資を受けるには、

①当日振込に間に合う時間と、②当日審査を行ってくれる時間、③在籍確認ができる時間、3つのタイムリミットに注意する必要があります。プロミスの即日融資は「3つのタイムリミット」で決まる!

【平日の14時までに契約確認完了】で、当日振込みにも間に合います

まず、①の「当日振込みに間に合う時間」。

プロミスの融資には、主に以下の方法があります。

→口座への振込キャッシング

→スマホアプリでセブン銀行ATMから引き出し

→ローンカードで専用・提携ATMから引き出し

このうち、「振込キャッシング」の対応時間は平日14時50分まで。でも、初めてプロミスに申し込む人は、振り込みまでに、申し込み→審査→契約手続き→契約内容確認というプロセスが入ります。

プロミスの公式ホームページには

お振込みをご希望のお客さまについて、平日14:00までに契約内容をご確認いただいた場合、当日中のお振込みが可能です。

引用元:プロミス公式ホームページ

と記載されています。

「契約内容の確認」は、申し込み手続きの”最後の最後”です。つまり、14時までには、申し込みから契約まで、全部の手続きを終わらせなくてはいけない、ということ。

振込キャッシングでの即日融資を希望する人は、平日の午前中に申し込みを開始できれば安心です。どんなに遅くとも午後イチ(13時ごろ)には申し込みを開始しないと、14時までの契約確認には間にあわないと考えてください

土日もOK!21時の審査時間に間に合えば、ATMキャッシングで即日融資のチャンスあり

次に、②の「審査のタイムリミット」です。

プロミスの申し込みは、スマホやパソコンからのWEB経由なら、24時間いつでも受け付けてくれます。

とはいっても、「審査ができる時間」は別。

プロミスは平日・土日祝日関係なく審査してくれますが、審査時間は朝9時〜夜21時までになっています。この時間をすぎると、申し込みをしても審査は翌日に回されてしまうので、当日中に借りることはできません。

ちなみに、「21時までに審査を開始すればいい」のではありません。「21時までに審査を終わらせる」という意味です。

プロミスの審査は、【最短で】30分。場合によっては1時間、2時間かかるケースもあります。

申し込み〜審査が完了するまでの時間を逆算して、夕方までには申し込みを始めたいところです。

どうしても遅くなる場合は、できれば審査時間終了の1時間前(20時前後)には申し込みを開始し、プロミスに「急ぎである」ことを伝えるようにしましょう。優先的に審査を始めてもらえれば、21時のタイムリミットに間に合う可能性があります。

プロミスや、提携金融機関のATMなら夜間もお金が引き出せます。22時までにローンカードを受け取るか、スマホアプリを使えば、ATMからの即日キャッシングが可能です。

→ローンカードを使ったATMキャッシングについてはこちら

→アプリローンで即日融資する方法ついてはこちら

在籍確認にも注意!職場が閉まっているなら相談を

もう一つ、「申し込みは、仕事が終わってから!」「会社がお休みの日にゆっくり」派の人に注意してもらいたいのが、③のいわゆる在籍確認です。

在籍確認とは、申込者の就業実態を確認する審査のこと。通常は、勤務先へ電話することで、 ”そこの会社に在籍している”事実をウラドリします(本人が不在でも大丈夫)。

したがって、すでに勤め先の営業時間が過ぎていたり、お休みで電話がつながらない…といった場合には在籍確認ができず、審査が完了できません。

この場合には、申し込みフォームを送信したあと、すぐにプロミスへ電話をかけてください(申し込みフォームの送信後、画面に電話番号が表示されます)。「会社が閉まっていて電話がつながらないが、どうしても今日借りたい」と相談しておくと、別の方法での在籍確認に応じてもらえる場合があります。

プロミスで今日借りるなら、おすすめの方法は?

それでは、プロミスで即日融資を受ける具体的な方法を紹介してきましょう。

プロミスには、複数の申し込み方法と借り入れ方法があります。さまざまな組み合わせが可能ですが、やはり申し込みの中では『Web経由』が鉄板。時間や場所を選ばず、好きなタイミングで申し込みができるからです。

▼プロミスの申し込み方法

申し込み方法

特徴

受付時間

即日融資

WEBやアプリから申し込み

・スマホやPCがあればどこからでも申し込める

・ローンカードの発行有り・無しを選択できる

24時間申し込みが可能

フリーコール(電話)で申し込み

・ローンカードは郵送か自動契約機で受け取りが必要

受付時間は9時〜22時まで

自動契約機で申し込み

・その場でカードが受け取れる

・審査の間、その場で待つ必要がある

稼働時間は9時〜22時まで

(一部21時まで)

プロミス店舗(店頭窓口)で申し込み

・プロミスの実店舗で直接申し込み

・店舗数が少ないため不便

平日9時〜18時まで

郵送で申し込み

・申し込み用紙をプロミスに郵送する

・即日融資はできない

×

 

▼プロミスの借入方法

借入方法

特徴

融資時間

アプリローン

・スマホアプリでセブン銀行ATMからお金が引き出せる

・ローンカード不要

・手数料はかかる

0時10分〜23時50分

(セブン銀行ATM稼働時間)

瞬フリ

・三井住友銀行、ジャパンネット銀行への振込キャッシング

・いつでも最短10秒で振込

・振込手数料は無料

原則24時間365日、最短10秒で振込

※毎週月曜は0時〜7時まで停止

※三井住友銀行は、毎週日曜21時〜月曜7時まで停止

振込キャッシング

(三井住友、ジャパンネット銀行以外)

・指定口座への振込キャッシング

・振込手数料は無料

当日振込の受付は平日9時〜14時50分まで

(平日15時以降・土日祝日は翌営業日に振込)

ローンカードでATMキャッシング

・プロミスや、提携金融機関ATMからローンカードを使って引き出し

・24時間対応のコンビニATMも多数利用可能

・プロミスと三井住友銀行ATMは手数料無料

・プロミスATM→7時〜24時(店舗によって違いあり)

・他、提携金融機関によって異なる

これだけあると、どの申し込み・融資方法を選んだらいいかわからなくなりますよね。

そこで、ここからは筆者おすすめの「即日融資が成功しやすい申込み・借入方法」を紹介していきます。

おすすめ(1)WEBで申し込み→口座に振込で即日キャッシング!

申し込みのタイミングが平日なら、自分が持っている銀行口座にお金を振り込んでもらう【振込キャッシング】での即日融資も可能です。

いつもの口座からお金を引き出せばいいので、家族や友人と一緒にいるときに利用しても「プロミスのキャッシング」だと知られずにすみます。また、振込手数料はプロミスが負担してくれます。

申し込みは、スマホやパソコンからWEB経由でおこなうのがスムーズ。WEBなら24時間申し込みを受け付けているので、仕事や家事の合間にささっと申し込みができます。

Web完結にすればカードレスも可能

プロミスの「Web完結」とは、申し込みから借入・返済まで、すべてWEBだけで済ませられる申込み方法です。

申し込み時に契約方法を「Web契約」にし、返済方法を「口座振替(口フリ)」、カード発行の有無を「カード不要」に指定することで、契約書類などの郵送物なし、カードの受け取りもなしにできます。これなら、家族にバレるリスクも減らせますね。

手続きがWebだけでスムーズに完了するので、【急いで借りたい】人にはもってこいです。

Web完結の場合、


●借入は振込キャッシングか、スマホアプリによるATMキャッシング(セブン銀行   ATM限定)

●返済は口座からの自動引き落とし


になります。

ちなみに、あとで「やっぱりカードが欲しい!」となっても大丈夫。いつでも、無料で、カードを発行してもらうことができます。

※Web完結は、借入と返済をプロミスのシステムを利用して口座経由でおこないます。対象金融機関は200以上ありますが、一部金融機関では利用できませんので注意してください。
プロミスWeb完結対象金融機関

何時までに申し込めばいいの?

申し込み〜審査、契約、振込手続きまでの時間を考えると、平日の午前中に申し込むのがベスト。【遅くても平日のお昼ごろまでには申し込みを開始し、14時には契約内容の確認までたどりつく】ようにしましょう

平日の14時50分までに振込依頼まで終わらせることができれば、その日中にお金を振り込んでもらえます。

三井住友銀行かジャパンネット銀行なら24時間「瞬フリ」!

三井住友銀行か、ジャパンネット銀行に口座を持っていれば、24時間いつでも最短10秒で振り込んでもらえる「瞬フリ」が利用できます。

振込時間を気にする必要がないので、どちらかに口座がある人は、21時の審査終了に間に合いさえすれば、夜間でも即日借入れが可能です。

もちろん、振込手数料は一切かかりません。

振込キャッシングで即日融資を受ける流れ

ネット申込みの場合、すべての項目を自分で入力する「フル入力」と、一部だけ入力したあと、プロミスからの電話で残りの質問について口頭で答える「カンタン入力」があります。

在籍確認等について要望がある人は、「カンタン入力」からそのままオペレーターに相談しておくとスムーズです。

平日のお昼ごろまでにスマホやパソコンから申し込み(10分〜15分程度)

②メールか電話で審査結果通知(最短30分)

③カード発行の有無を選択

14時までに契約手続き

⑤14時50分までに会員ページから振込依頼

最短10秒で振込

⑦カード発行を選んだ場合は、後日ローンカードを郵送で受け取り

振込キャッシングのメリット・デメリット

メリット

  • 振込手数料はプロミスが負担
  • 振込時間内なら最短10秒で振込
  • 自分の口座からお金を降ろせるので、キャッシングだとバレにくい

デメリット

  • ×当日中の振込時間が平日の14時50分まで※
  • ×土日や祝日は借りれない※
  • ×自分の預金と混同しやすい

※三井住友・ジャパンネット銀行の口座以外の場合

おすすめ(2)スマホATMで24時間借りれる!アプリローン

今、プロミスでもっとも便利でアツいのが、「アプリローン」です。

「アプリローン」は、プロミスが2017年10月から開始した新しいキャッシングサービスです。基本の申し込み方法は従来の『Web完結』と同じですが、アプリローンはさらに「スマホアプリで、セブン銀行ATMから入出金ができる(スマホATM)」という特色を持っています。

つまり、ローンカードがなくても、スマホとセブン銀行ATMがあればお金を引き出せるわけです。

セブン銀行のATMならほぼ24時間稼働していますから、遅い時間に「あ、今日中にお金が必要!」となっても大丈夫。深夜の緊急事態にも対応できます。

「プロミスアプリがすごい!」で、さらにくわしく説明しています。(紹介動画もあり!)

何時までに申し込めばいいの?

アプリローンなら、スマホとセブン銀行ATMさえあればほぼ24時間、いつでもお金が引き出せます。

したがって、アプリローンで即日融資を受けるには、「プロミスが審査をしている時間」に間に合えば、セーフです。

プロミスの審査時間は、9時〜21時まで(土日祝日含む)。そして、審査には最低でも30分程度かかります。21時には審査を完全に終えている必要があること、夜間は審査が混みやすいことを考えると、

【アプリローンで即日融資を希望する場合は、夕方18時ごろまでに申し込みを始めるのがベター】

と思っておいてください。(特に土日は混みやすいので、夜になって申し込んでも間に合わない可能性が大です!)

中には、20時を過ぎてから申し込みを開始し、「即日キャッシングに間に合った!」という人もいますが、これは、審査が最短レベルでスムーズに進んだかなりラッキーな例です。

アプリローン(スマホATM)で即日融資を受ける流れ

アプリローンは、スマホアプリと公式ホームページ、どちらから申し込んでも大丈夫です(申し込みの内容自体は変わりません)。

あらかじめアプリをダウンロードしてから、アプリ経由で申し込む方法が楽ですが、万が一、審査に落ちてしまったらムダになってしまいますよね。

「確定するまでアプリを入れたくない!」という人は、公式サイトから申し込み、審査通過後にアプリをダウンロードしてもOKです。

夕方18時ごろまでにアプリかWEBから申し込み(10分〜15分程度)

※職場に電話が繋がらない時間の場合は、申し込み後すぐにプロミスへ電話し相談すること

②メールか電話で審査結果通知(最短30分)

③カード発行の有無を選択(web申し込みの場合)

④WEB契約手続き

⑤スマホアプリを起動し、ログイン

セブン銀行のATMでお金を引き出し(スマホATM)

※スマホアプリからQRコードを表示し、ATMに認証させることで操作できます。

⑦カード発行を選んだ場合は、後日ローンカードを郵送で受け取り

アプリローンのメリット・デメリット

メリット

  • ローンカードがいらないので、郵送物もなく、人にバレにくい
  • 振込の時間を気にする必要がない
  • スマホとセブン銀行ATMがあれば、ほぼ365日24時間お金が引き出せる

デメリット

  • ×入出金に手数料がかかる(1万円以下:108円 1万円超:216円)
  • ×アプリを起動し、ATMでQRコードを認証させるのが少々手間
  • ×スマートフォンがなければ利用できない
  • ×セブン銀行以外のATMが使えない

レイクALSAなら提携ATMがすべて手数料無料!

kyouikuloans.hatenablog.com

おすすめ(3)WEBで申し込み→自動契約機でカード受け取り

自動契約機でローンカードを受け取ることができるなら、こちらも振込より遅い時間までお金を引き出せるのでおすすめです。

自動契約機がある場所まで足を運ぶ手間はありますが、自動契約機にはたいていATMが併設されているので、その場でお金を引き出すこともできます。また、ローンカードを郵送で受け取る必要がないので、家族に知られるリスクも減らせます。

ここでのポイントは、【先にWEB申し込んで、審査まで終わらせておくこと】

自動契約機は申し込みからできますが、審査のあいだ、その場で数十分待たなければいけません。この「数十分」が案外ストレス。また、審査落ちした場合のことを考えると、(先にネット申し込みをして)結果が出てから移動した方がムダが少ないのです。

自分でスマホやPCから入力するのが面倒、という人はプロミスのフリーコールへ電話して申し込む方法もあります。

プロミスフリーコール(9時〜22時):0120-24-0365

プロミスじゃなくても大丈夫!三井住友銀行の契約機も使えます

「プロミスの無人契約機はちょっと入りにくい…」という人は、三井住友銀行のローン契約機も使えます。とくに女性のかたは、こちらの方が利用しやすいんじゃないでしょうか(ちゃんと個室になってます)。

何時までに申し込めばいいの?

プロミスの自動契約機は、ほとんどが夜22時まで開いています(※1)。審査時間が21時までというのは「アプリローン」と変わりませんから、

【夕方18時ごろまでに申し込み→21時までに審査完了→22時までに自動契約機でカードを受け取り】

これが一般的なタイムリミットです。申し込みはもう少し遅くても間に合うこともありますが、審査にかかる時間は人によってまちまちなので、余裕を持たせた方が確実です。

併設のATMは24時まで使えますので、その場でお金を引き出せばOKです(※2)。

ただし、三井住友銀行のローン契約機は、夜21時に閉まってしまいます(店舗によって異なる)。三井住友でカード受け取りしたい人は、20時30分にはローン契約機へ移動し、契約手続きを開始できるように調整しましょう。

※1※2:店舗によって稼働時間が変わりますので、あらかじめ下記のリンクから、お近くの自動契約機の営業時間をチェックしてください。

プロミス店舗・ATM検索

申し込みが夕方以降になってしまう場合には、最初から自動契約機で申し込むというのも”あり”です。(審査が終わるまで契約ルームの中で待機しなければいけませんが…)WEB経由よりも比較的審査の待ち時間が短いので、「滑り込みセーフ」が成功しやすいですよ。

Web申し込み→自動契約機で即日融資を受ける流れ

夕方18時ごろまでにWEBから申し込み(10分〜15分程度)

※職場に電話が繋がらない時間の場合は、申し込み後すぐにプロミスへ電話し相談すること

②メールか電話で審査結果通知(最短30分)

③カード発行の有無を選択→「カード発行有り」「自動契約機で受け取り」を選択

④必要書類を持って、近くのプロミスもしくは三井住友銀行の契約機へ向かう

⑤自動契約機でカードローン契約手続き→ローンカードを受け取り

※プロミスは22時まで、三井住友は21時まで(店舗によって異なります)

併設されたATMからお金を引き出す

※プロミスATMは24時までお金が引き出せます!

自動契約機のメリット・デメリット

メリット

  • 遅い時間までお金が引き出せる
  • ローンカードをその場で受け取れるので、プロミスや、全ての提携ATMから入出金が可能
  • プロミス、三井住友銀行のATMは手数料無料で使える

デメリット

  • ×自動契約機のある場所まで移動しなくてはならない
  • ×使用中の場合は待つ必要がある
  • ×人と顔を合わせる可能性がある

プロミスで即日借入を成功させるコツとポイント

プロミスで即日キャッシングを成功させたいなら、手続きを円滑に進めることが大事。

申し込み〜審査をスムーズに進めるために、知っておきたいコツとポイントをご紹介しましょう。

土日は混みます!混雑時には2〜3時間の余裕をもって申し込みましょう

実はプロミスには、「混雑時に審査が遅れやすい」という欠点があります。

業界でもダントツの申込数をほこるプロミスですから、ある程度仕方がないことではありますが、急ぎで借りたい時には困ってしまいますよね。

プロミスの申し込みで混みやすいのが、土日祝日。そして、平日の17時以降です。つまり、会社がお休みだったり、終業後に借りたいという人が殺到する時間ですね。できることなら、このタイミングは避けて申し込んだ方が、即日融資の成功率は上がります。

どうしても混雑時にバッティングしてしまう場合は、審査終了のリミット『21時』から2〜3時間以上の余裕を持たせて、できれば夕方までには申し込みをしちゃいましょう(アプリローンか、自動契約機でカードを受け取る場合)。

また、どうしても急ぎの場合は申し込み後にプロミスへ電話し、「急ぎで借りたい」ことを伝えておくと、優先的に審査を開始してくれる可能性があります。

希望額は低めに設定

融資額が大きくなるほど、審査は厳しくなります。したがって、申し込み時の希望額は最小限に抑えておくことが、スムーズな借入れのポイントになります。

プロミスでは、限度額が50万円以下、他社のキャッシングローンとの合計残高が100万円以下の場合は原則収入証明書が不要になります。このあたりを目安にして、多くても希望額を50万円以下、できれば10万円〜20万円程度におさめておくとよいでしょう。

ちなみに、プロミスは消費者金融。とうぜん総量規制の対象になります。年収の1/3を超える融資は受けられませんので、そのあたりにも注意して希望額を出してください。

申し込む前に必要書類を用意しておく

審査の結果が出たあと、必要書類の提出になります。ここで「あれ、免許証どこやったっけ…」なんてバタバタしていると、急ぎで借りたいときには致命的なロスです。申し込みの前に、あらかじめ必要になりそうなものは用意しておきましょう。

▼プロミスの申し込みに必要な書類

本人確認書類

・運転免許証

ない人は

・パスポート

・健康保険証+住民票など

収入証明書類

(希望限度額が50万円以上、

他社のキャッシング借入額との合計が100万円を超える場合)

・源泉徴収票

・給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)

・確定申告書

希望額が50万円以下なら、原則、運転免許証さえあれば大丈夫です。免許証を持っていない人は、写真付きの公的証明書(パスポート)を用意してください。

また、他の会社でも借りているという人は、今回の希望額と他社残高の合計が100万円を超えていないかチェックしてください。もし超えている場合には収入証明書の提出が必要になります。

入力しながらチェック!送信する前にチェック!

申し込みの情報に不備や間違いがあると、それだけあとの確認事項が増えますから、審査スピードに直結します。また、審査自体にも悪影響を及ぼしかねません(とくに住所や電話番号の間違いは致命的!)。入力項目は、正確に、そして誠実にを心がけてていねいに記入してください。

急いでいるときには焦って打ち間違いが多くなりやすいですが、そのせいで即日融資に間に合わなかったのでは、もったいなさすぎます。一つ入力するたびにチェック、そして送信ボタンを押す前にもう一度チェック。慎重なぐらいでちょうどいいのです。

また、他社の借り入れ状況(何件、合計いくら借り入れ残高があるか)については、信用情報機関への照会によってかんたんにバレてしまいます。事前にしっかり確認して、まちがっても嘘を書かないようにしましょう!

プロミスの特徴とメリットをざっとおさらい

最後に、プロミスのスペックと、他社にはない「プロミスで借りるメリット」をおさらいしておきましょう。

▼プロミスのフリーキャッシング概要

商品名

フリーキャッシング

実質年率

4.5%~17.8%

利用限度額

1万円〜500万円

利用条件

・20歳以上、69歳以下の人

・本人に安定した収入があること

パート・アルバイト

専業主婦

不可

初回無利息サービス

あり

収入証明書

50万円以下は原則不要

プロミスの公式ホームページはこちら

30日間無利息サービスは「借入の翌日から」

 

初めてプロミスで借りる人は、「30日間無利息サービス」が利用できます※。

同様のサービスは大手消費者金融ならどこでも受けられますが、他社の場合、無利息期間は【契約日の翌日から】開始されるのがミソ。

一方、プロミスの無利息期間は【初回利用日(初めてお金を借りた日)の翌日から30日間】です。つまり、契約してから実際にお金を借りるまでにタイムラグがあっても大丈夫。初めての借り入れの翌日からカウントされますから、あせって借りなくても無利息期間はまるまる使えます。

  • 「いつお金が必要になるかわからないけど、先に契約しておきたい」
  • 「仕事が忙しくなりそうだから、今のうちに申し込んでおきたい」

といったケースでも無利息期間はムダになりません。

※メールアドレスの登録と、明細書をWebでダウンロードする「Web明細」の利用が条件になります。

三井住友銀行かジャパンネット銀行口座所持で24時間振込OK【瞬フリ】

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行に口座を持っている人は、ぜひプロミスの利用口座に登録してください。

土日祝日ふくめ、ほぼ24時間365日、最短10秒でお金を振り込んでれる「瞬フリ」が受けられます。振込手数料もかかりません。

※毎週月曜日の0時〜7時、毎週日曜21時〜月曜7時(三井住友のみ)はメンテナンスのため利用できません。

プロミスアプリがすごい!「スマホATM」が使えて「クーポン」がもらえる

スマホアプリの進化が止まらないカードローン業界ですが、プロミスではいちはやく「アプリローン(スマホATM)」を導入しています。

これは、スマホアプリからQRコードを取得し、セブン銀行ATMに認証させることで、ローンカードなしでお金が引き出せるという画期的なシステム。セブン銀行ATMはほぼ24時間使えますから、深夜でも早朝でも、好きなときにカードレスでお金が借りれます。

さらに、プロミスのアプリをダウンロードしておくと、ファーストフードなどのクーポンがもらえる「アプリdeクーポン」が利用できます。クーポン画面には”プロミス”の文字は出ませんから、友人やお子さんがいる場所で利用しても安心です。

※2018年4月現在、スマホATMを取り入れているのはプロミスとSMBCモビットのみでしたが、新しく新生フィナンシャルのレイクALSA(レイクアルサ)が2018年5月に導入しています。

▼アプリローンの紹介動画はこちら!

ポイントを貯めて無利息やATM手数料に使える

プロミスでは、サービスの利用ごとにポイントが加算され、貯まったポイントを無利息期間に変えたり、提携ATMの利用手数料を無料にしたりできます

インターネット会員サービスの「プロミスからのお知らせ」を確認するだけでもポイントは貯まっていくので、難しいことはまったくありません。うまく使えば大幅に利息が節約できます。

プロミス利用者なら誰でも入れる「おとくらぶ」で優待サービスが受けられる

あまり知られていないのが、この「おとくらぶ」というプロミス会員限定の優待サービスです。

プロミスで借り入れ中の人なら、原則誰でも登録可能。旅館やホテル、レストランに映画、レンタカー、さらには資格を取得するための受講代まで、あらゆるサービスが割引で利用できます。ゴールデンウィークや夏冬休みなど、家族のレジャーにも活用できますね。(お金を借りて割引を受けるって、ちょっぴり不思議な感じもしますが…)

この還元率の高さを考えると、銀行カードローンとの数パーセントの金利差なんて目じゃない…かもしれません(笑)

まとめ

プロミスで即日融資を受けるには、とにかく【できるだけ早い時間に申し込むこと】。これ以上のコツはありません。

かといって、「夕方だから、夜だからもう借りれない」と諦めるのは早いです。21時の審査終了までに間に合えば、その日中にをお金を借りれるチャンスがあります。

  • できれば平日のお昼までに申し込む(振込キャッシングが可能)
  • プロミスの審査は7時〜21時まで
  • 遅くとも21時の審査に間に合えば、即日融資の可能性あり(自動契約機でカード受け取り・アプリローン)
  • 職場への電話確認ができない時間の申し込みは、プロミスに相談

この4つを覚えておいてください。

以上、「プロミスの即日融資に間に合う時間は何時まで? 「今日借りれる」3つの方法」という内容でした。

プロミスの公式ホームページはこちら

 

*今日 借りたい人は以下の即日融資キャッシングへ

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

SMBCモビット(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

レイクALSA

 

参考リンク:

即日融資できるカードローンをランキングで紹介しています。

kyouikuloans.hatenablog.com

金利や審査、スピードではどのキャッシングが有利?

kyouikuloans.hatenablog.com

銀行カードローンが即日融資できなくなった裏事情とは…

kyouikuloans.hatenablog.com