教育ローン&お金の問題

教育ローンや奨学金、「お金を借りること」にまつわる我が家の奮闘について書いていきます

【2018年】銀行カードローンの審査は変わった?借りやすい銀行カードローンランキング

f:id:kyouikuloans:20180228121838j:plain

かねてから過剰な融資が問題になってきた銀行カードローン。2017年中には金融庁の立ち入り調査が行われ、2018年からは審査方法に一部変更が加えられました。一時の人気が影をひそめた感もありますね。

しかし一方で「銀行」の安心感から「やはり銀行カードローンでなくては!」と根強く支持している層もあります。

本日は銀行カードローンを使いたい方へ、審査に通りやすいカードローンについて解説します。

即日融資できる銀行カードローンはありません

kyouikuloans.hatenablog.com

*いろいろ使える!おすすめ低金利ローン

▼30日無利息の大手カードローン

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

レイクALSA

▼金利で選ぶなら銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン

住信SBI銀行カードローン

過剰融資問題に揺れた銀行カードローン。2018年から審査方法が変わりましたが、これは審査が厳しくなった、っていうこと?

f:id:kyouikuloans:20180228122207j:plain

銀行カードローンに関心のある人なら、2017年に銀行カードローンの過剰融資や、利用者の自己破産が増加していることが社会問題になった件、ご存じかと思います。テレビや新聞、ネット上で関連記事をみた!という人も多いでしょう。

そんな中で、銀行が融資する個人向けローンの審査方法に、「本人確認のために警視庁のデータベースを照会する」というひと手間が、2018年1月より加えられました。この審査方法の変更は、住宅ローンや教育ローンなどすべての個人向けローンが対象になり、銀行カードローン審査にも、すでに取り入れられています。

審査が特別厳しくなった、ということはないのですが……2018年銀行カードローン審査の変更点

「警視庁への情報照会」が審査に加えられると聞いて、銀行カードローン審査がものすごく厳しくなり、簡単には借りられないのでは……と不安に感じる人も少なくありません。しかし、よく内容を確認してみると、一般の人の「審査を厳格化する」という目的とはちょっと違うようです。

2018年1月から審査方法が変わる、とニュースに出たので、多くの人はてっきり過剰融資問題がもとで、審査を厳しくするのかと受け取ったようです。が、実際のきっかけは、過去に某都市銀行が暴力団関係者に融資していた一件でした。

みずほ銀行暴力団融資事件 - Wikipedia

つまり、申込者が反社会勢力の関係者でないかどうかを確実に調べるために、警視庁のデータベース照会を審査の際に行うことになったのです。したがって、身に覚えのない一般人の場合は、審査にひと手間は増えましたが、今回の変更によって落とされやすくなった、ということはありません。

このような経緯で変わった銀行カードローン審査。厳しくなった、という点はさほど心配はいりませんが、手間が増えたことでローン審査時間が大幅に伸びました。したがって、審査の結果が出るのは、最も早い銀行で申し込みの翌営業日。ということは、以前銀行カードローンで可能だった「即日融資」は、2018年から事実上できなくなってしまいました。

つまり2018年の銀行カードローン審査変更は「即日融資ができなくなった」というのがニュースのメインです

Blue card

整理すると、2018年に銀行カードローンの審査方法が変わった、というニュースの重要な点は、審査が厳しくなった、という意味ではなく、審査時間が伸びて即日融資ができなくなった!ということです。

貸金業ではなく、安心して取引できる銀行から、申し込んだ日にでも融資が受けられるのが銀行カードローンのメリットのひとつだったのですが、今後はそのような使い方はできなくなりました。

総量規制は適応されませんが、同等か年収の2分の1程度が上限の目安に!

銀行カードローンの審査方法が変わったことで、「審査が厳しくなった」と受け取った方が多かったので、「では貸し付け額も変わるのではないか?」「消費者金融のような総量規制がかかるのでは?」と心配の声が聞かれました。全体的に規制強化されていくのでは、という見方もありますね。

結論から言うと、過剰な貸し付けが社会問題化したため、銀行カードローンにも貸金業者に適用されている総量規制のような、何らかの規制が必要という声が実際にあります。

2018年3月時点では、あくまでも銀行の自主規制に任されており、法律で規制する流れはまだありません。しかし大手都市銀行やその他銀行では、おおむね申込者の年収の2分の1程度を上限として、今後の貸付上限額を定める、という流れになってきています(銀行単位で、自主的に3分の1に設定しているところはあるようです)。

これらはあくまでも銀行裁量となっていますが、実際に利用できる限度額の設定が消費者金融と同等になるか、若干多くなるかは、一律で判断することはできません。

【情報】ただし収入証明書不要の申し込み上限額は引き下げられています

以前の銀行カードローンでは、収入証明書なしで300万円まで借りられるところもありました。これは、例えば年収が200万円の人でも300万円の人でも、カードローンの利用限度額が300万円もらえることを意味しています。

あまりにもずさんな極度額の付け方にチェックが入り、現在はおおむね利用限度額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になっています。

では、銀行カードローンの審査方法は変わったけど厳しくなったわけではないってこと?

Play nice Poseidon

2018年1月に変更された審査手順の変更は、本人確認を厳密におこなうためでした。誰でも簡単に借りられないようにするために、審査をものすごく厳しくする、という意味ではありませんでしたね。では銀行カードローンは審査に通りやすくて借りやすいと言ってもよいものでしょうか?

残念ながら銀行カードローン審査は甘いとは言えません

過剰な貸付けが行われてはきましたが、基本的に銀行カードローン審査は甘いとは言えません。むしろきちんとした既定のローン審査の手順を踏んで、厳密に審査されます。

また規制強化の流れのなか、収入証明書の提出を厳格にしたことで、今までは個人情報に不備がないので審査に通過していた人が、実は年収が限度額に見合わず低かった、という場合などは、申し込んだ限度額が満額使えない場合や、最悪審査落ちにつながる場合なども考えられます。

銀行カードローンは消費者金融よりもおおむね低金利で貸付を行っているので、より確実に返済を行ってくれる顧客を審査によって振り分けている、ともいえます。

「ええ~?審査方法が変わったけど、審査が厳しくなった訳じゃない、って言ったのに?」
という声が聞こえてきそうです。が、やはり社会的責任が大きい「銀行」が行っているローンなので、もともと審査が甘いとは言えない状況です。

審査の通りやすさで考えると、圧倒的に消費者金融!

reaching out to a green-gold world (imagoism thursday 7 part 2)

審査通過という視点で考えると、やはり圧倒的に消費者金融の方が審査に通りやすいです。

消費者金融はデメリットもあるがメリットも多い

消費者金融=貸金業者で、以前に「サラ金」と呼ばれた時代を知っている人ほど、ハードルが高く利用したくないイメージを持っているもの。確かに昔は常識を逸した不法な取り立てが行われたり、法外な利息が取られていたケースもあったようです。

しかし、実は2010年に貸金業法が改定され、現在は法律で返済を促す訪問や電話の時間帯などまで細かく定められていたり、高額な貸し付けに至らないように総量規制(年収の1/3までしか貸してはいけない)という規則も設定されて、運営の細かい部分まで法律の元に行われるようになっています。利息法で利息の最大上限も20%と決まっていて、それにより、大手消費者金融の金利はおおむね18%となっています。

つまり消費者金融のメリットとしては、総量規制も含めて、貸金業法によっていわば監視されている点が挙げられます。法律によって守られているので、違法な(つまり常識を逸したような)取引はできなくなっています。

また、貸付に特化した企業なので、さまざまなノウハウがあることもメリットのひとつです。顧客サービスの充実には各社とも力を入れているようです。新規申込者に、30日間など一定期間の無利息サービスを設けているのも、消費者金融ならではのサービスです。

2018年以降、即日融資できるのは消費者金融だけ!

忘れてはいけないのは、現在の消費者金融の最大のメリットは「即日融資ができる」ということです。銀行カードローンが2018年から即日融資が不可能になったため、急ぎでお金を借りたい場合は消費者金融(貸金業者)を利用するしか方法はありません。

計画的に利用する住宅ローンなどと違い、生活費や教育費などとにかく「お金を借りたい」「お金が必要」という場合は、緊急を要するケースも少なくありません。したがって、申し込んだその日にATM出金や口座振り込みで現金を融資してもらえる可能性がある消費者金融は、2018年以降、利用者を伸ばしていくと見られています。

審査が厳しい銀行カードローンですが、逆に銀行カードローンじゃないと審査に通らない!という人も

Kitten & mother

さて、銀行カードローンの話に戻しましょう。銀行カードローンの審査は甘くない、とお伝えしましたが、それでも銀行カードローンしか申し込みできない、というケースもあります。

収入がない専業主婦は銀行カードローン

アコムやプロミスといった消費者金融系カードローンは総量規制があり、貸付上限額を決める際に申込者の年収の1/3以下に設定します。したがって、収入のない無職の専業主婦の場合は元になる年収が0円なので、貸付可能額も0円になってしまい、消費者金融のキャッシングは利用することができません。

そのような場合は、配偶者の年収を自己申告して利用できる銀行カードローンを使うようにしてください。専業主婦枠で30万円か50万円程度の上限額で、申し込める銀行カードローンがあります。

アルバイトしていない学生

カードローンは20歳以上の人は申し込めますが、専業主婦と同じ理由で、安定収入のない学生は消費者金融には申し込めなくなっています。したがって、保護者の年収を申告して申し込める銀行カードローンを利用してください。

よく「学生ローン」という名称で学生を対象にしている消費者金融会社があります。学生ならだれでも借りられそうな名称をしていますが、こちらも総量規制の対象なので、無職の学生は利用不可となっています。

自分でアルバイトして稼いでいる学生は消費者金融でも可

一方、定期的にバイトをしていて安定的に収入がある場合は、成人していれば学生でも消費者金融が利用できます。ただし、筆者も大学生の子を持っていますが、お金に困った時にいきなり消費者金融に走るのではなく、まずは保護者や家族、相談できる関係者や知人に相談するようにしてくださいね。

銀行カードローンの中で、比較的審査に通りやすい銀行カードローンの見分け方

Happy Easter

審査が厳しい銀行カードローンですが、そんな中でも、「比較的通りやすい」と考えられる銀行カードローンは、このような点から判断してみてください。

融資までの時間が短めの銀行や、2017年まで即日融資可能だった銀行

もともと素早い契約・融資を押していた銀行カードローンでは、審査・保証会社に消費者金融が入っているケースがあり、貸金業者のノウハウを使って審査のスピード化を図っていたと考えられます。したがって判断基準に独自の視点があり、より多くの人に貸し付けを行おうという方向性が根付いていると考えられます。

月々の返済額の設定が低めの銀行は比較的通りやすいと見ていいかも?

また、毎月の返済額を低額設定している場合は、顧客がより使いやすい状況を作ろうとしていると読み取れるため、顧客に対する審査の姿勢が若干やさしい可能性があります。

高めの金利設定をしていれば借りやすい可能性も?

消費者金融が審査に通りやすいのは、万一回収できない貸し付けが発生したとしても、高めの金利設定でリカバーできる経営方法が背景にあると考えられます。同様に銀行カードローンでも「ここ、ちょっと金利が他より高い?」という場合は、逆に利用者を増やしている(審査に通している)可能性もあるかもしれません。ただしこれらはあくまでも筆者の予測の範囲です。

申し込みやすいおすすめ銀行カードローンランキング

Sky

お伝えしたような内容から、より申し込みしやすいと考えられる銀行は、こちらになります。

1.   楽天銀行スーパーローン

2.住信SBI銀行Mr.カードローン

3.オリックス銀行カードローン

4.みずほ銀行カードローン

一般的な銀行カードローン審査、通過のための条件

money and bank

さて、カードローン審査が甘いとか厳しいとか言いますが、実際に審査でどのような内容をチェックされているか知っていますか?

銀行カードローン審査では、一般的に次のような内容をチェックされます。

申込者の属性

⇒本人確認書類として運転免許証やパスポートなどが必要
⇒申込額によっては収入証明書が必要
・年齢
・安定収入
・職場
・雇用形態
・勤務年数
・住宅の種別(持ち家か賃貸か)
・未婚か既婚か
・子供の有無

申込者の信用情報機関への照会

⇒おもに他社借り入れ状況
・クレジットカード、住宅ローンなど
・他社借り入れ件数、金額
・過去に債務整理や自己破産などの金融事故情報(ブラックリスト)がないかどうか
・短期間に複数のローンに一度に申し込んでいないか?(申し込みブラック)

申込者の必要な金額や借りたお金の使いみち

・銀行カードローンは年収の2分の1程度が上限になる見通し

在籍確認の電話連絡

・勤務先に電話を掛けて、確実にそこで働いているかどうかを確認します
・金融機関名(銀行名)で掛かってくる場合もある
・担当者の個人名で掛けてもらえることもある

銀行カードローンの審査落ちの一番の理由とは?

A cup of tea

決して甘くはない銀行カードローン審査ですが、審査に落ちてしまう一番の理由はなんだと思いますか?意外なことに、申込みの不備や、内容の虚偽(嘘)が多いそうですよ!

申し込み内容の不備や嘘は審査落ちに直結する!

申し込みの際に申告する内容で、ミスしがちなのは
・年収
・他社借り入れ件数(借り入れ額)でしょう。

年収を少し盛ってしまったり、他社借り入れ件数を少な目に書いたりしても、提出書類や個人信用情報センターへの照会を行えば、すぐにばれてしまいます。

うっかりミスでも、意図的に事実と違うことを書いた場合でも、申し込み内容に虚偽があれば即、審査落ちです。この点は銀行カードローンでも、消費者金融カードローンでも同じです。審査落ちを防ぐにはまず申し込み時の申告をミスなく正直におこなうようにしてください。

審査に通りやすい消費者金融の審査は銀行カードローン審査とは違う?

Money

では、審査に通りやすいと言われる消費者金融の審査は、銀行カードローンの審査と比較して、もっと簡単な内容になっているのでしょうか?チェック内容が少ないから、申し込みやすい、なんて言われるのでしょうか?

基本的な審査の方向性は銀行カードローンと同じ

消費者金融の審査は、基本的には銀行カードローン審査と変わりありません。本人の属性や収入、信用情報の照会など、同様の内容を申告してチェックを受けます。

ただし、貸金業者は融資に特化した、いわば「お金を貸すプロ」。長年蓄積した審査のノウハウがあるので、独自の分析方法を持っています。例えばプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)は独自に開発したスコアリングシステムを持っているので、スピード審査が可能になっています。

なぜ消費者金融は審査に通りやすいと言われるのか?

Bling bling

消費者金融と言えども、ろくに審査もせずにちゃっちゃとお金を貸してくれる……そのようなことは絶対ありません。きちんと審査をしたうえで、貸付するかどうかを決定しています。それなのに、審査通過のハードルは消費者金融の方が圧倒的に低いと言われるのはなぜでしょうか?

それは消費者金融の審査通過率(成約率:申込みをした人の中で、契約まで進めた人がどのくらいいるか、という割合)が、銀行カードローンの通過率より高くなっているためと言われています。

ほとんどの銀行カードローンは審査通過に関係する正式な資料を公表していませんが、一部新生銀行カードローンレイク(2018年4月より新規募集停止)が情報公開をしていて、平均的な審査通過率は34%前後になっていました。一般的な銀行カードローンの成約率は20%程度と言われているので、新生銀行レイクはかなり通りやすいカードローンだったと分かります。

一方、消費者金融各社は、各社とも新規貸付率を公表しています。ホームページ内にIR情報(投資家向けの広報のこと)が公開されていて、その資料の中に見つけることができます。
貸付率が高いのはアコム。申込者の48%前後は新規貸付に至っているので、約半数は審査通過していると言えます。日本貸金業協会の発表している資料をみると、消費者金融各社の平均では、だいたい4割程度の成約率のようです。

比較する母体(申し込みをしている層)の違いもあるでしょうが、ざっくり見ていくと平均20%の成約率の銀行カードローンよりも、成約率40%の消費者金融の方が2倍通りやすい、と考えて良いでしょう。このように、実際に消費者金融のほうが審査に通りやすいと数字にも現れていますね!

審査に通りやすいおすすめ消費者金融ランキング

bajan rainbow

1.アイフル

2.アコム

3.プロミス

《番外編》レイクALSA 

☆2018年4月からは、新生フィナンシャルがまったく新しい消費者金融レイクALSA(レイクアルサ)をリリースしています!ユーザーとして最短で即日融資が可能なローンが1社増えるのは大きなメリットですね。

レイクALSA誕生の背景はこちら

kyouikuloans.hatenablog.com

レイクALSA審査の最新情報

kyouikuloans.hatenablog.com

即日融資についての情報はこちらもご覧ください

kyouikuloans.hatenablog.com

プロミスもスピーディな審査で即日融資も可能です!

kyouikuloans.hatenablog.com

銀行カードローンと消費者金融メリットデメリット比較

▼消費者金融と銀行カードローンのメリットデメリット

項目

消費者金融

銀行カードローン

業者種別

貸金業者(貸金業法で運営)

銀行(銀行法で運営)

総量規制

あり

なし

融資スピード

最短で即日融資

最短で翌営業日

審査の通りやすさ

どちらかというと通りやすい

どちらかというと厳しめ

金利設定

3%~18%程度で設定が多い

消費者金融よりやや低め

3%~15%程度が多いが、商品によって差が大きい

下は1%を切るものもある

上は18%に迫るものもある

初回の適用金利

審査による

初回利用では最大限度額程度になることが多い

限度額毎に明記

初回利用でも限度額が大きければ金利は下がる

融資限度額(借入限度額)

500万円~800万円程度

800万円設定が多いが、500

万円・1000万円もあり

まとめ

結論として、審査の甘い銀行カードローンは残念ながらありません。「どうしても審査に通りたい」「ちょっと不利な条件があって不安」「審査落ちして借りられなかったら本当に困る!」このような場合は、銀行カードローンよりもはるかに審査に通りやすい消費者金融を選択する方が、利用できる可能性が大きいです。

また、「どうしても今日中にお金が必要だ」という場合も、銀行カードローンでは対応できませんので、消費者金融を使うしか方法はありません。

銀行カードローンと消費者金融では、審査の厳しさをはじめ、利用の条件が微妙に異なります。メリット・デメリットを理解したうえで、最適な方を選び申し込むようにしてください。

以上、【2018年】銀行カードローンの審査は変わった?借りやすい銀行カードローンランキング、という内容でした。

*いろいろ使える!おすすめ低金利ローン

▼30日無利息の大手カードローン

アイフル(WEB完結・郵送物一切なし)

レイクALSA

▼金利で選ぶなら銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン

住信SBI銀行カードローン

参考リンク:

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com