読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ローン&我が子の教育

教育ローンにまつわる奮闘と教育費情報について書いていきます

国の教育ローンや奨学、学資保険…4月は進路決定と合わせて学費プランを考える良いタイミングです。

国の教育ローン 奨学金 学資保険 高校 大学 放送大学

f:id:kyouikuloans:20170407151510j:plain

今年新高校3年生になったお子さんをお持ちの方は、そろそろ本格的に進路を考える時期でしょうか。高校にもよりますが、1 学期中には受験校などを決定していくところが多いと思います。

親の立場としては、自由に進路選択してほしい反面、現実的に学費や教材費でどの程度お金がかかるかも重要な比較項目になります。新年度が始まった今は、進路と一緒に学費プランを考えてみるのに最適な時期です。

 

学資保険でコツコツためてきた方へ。受け取り時期と金額、大丈夫ですか?

「うちは学資保険でたっぷりためてあるから、学費の心配はないよ!」そのように余裕のある方はうらやましい限りですが、ちょっと待ってください。満期後の受け取り時期は大丈夫ですか?

学資保険の満期日は、加入時に設定しているので、なんとなく年度末に近い日にちに設定してしまっていることが良くあります。かく言う筆者も、長子が生まれた際に、満期日を卒業前の1月末にしていました。それでも「入学時期よりずいぶん早いから余裕!」と思っていたほどなのですが……実際には私立大学をAO入試で決めてしまったので、お正月前に入学金を振り込まなくてはいけなくなったのです!(はい、もちろん国の教育ローンを利用させていただきました。)

また、約20年前に想定していた金額よりも、現在の学費は3割増しとも5割増しとも言われているので、「学資保険を掛けてたんだけど全然足りなくて……」という家庭も本当に多いのです。(はい、筆者宅もそのうちの1軒です。)

学資保険を掛けている家庭でも、金額と受け取り時期を考えて学費プランを立ててくださいね。

 

国の教育ローンは1年中申し込めるので、早めに審査しておくのがおすすめです

国の教育ローンは金利が低い(2017年4月現在、固定金利1.81%)ので、利用する人の多い公的ローンです。特に申込時期というのはなく、1年中申し込み可能です。

とはいえ、やはり秋ごろから少しずつ申し込みが増え始め、年明け以降はかなり込み合った状態になります。したがって、余裕を持った状態で、少し早めに申し込みを済ませておくのがおすすめです。審査さえ通っておけば安心。実際の融資のタイミングは、お願いすれば待ってもらえます。

 

奨学金は6月頃から「予約採用」の受付が開始されます

注意すべきは奨学金を利用する場合です。高校3年生の6月頃には、来年度の採用枠を予約する「予約採用」が開始されます。奨学金自体は秋ごろにも再募集されたり、進学先に入学後も募集があったりしますが、実は際限なく誰でも貸与してくれるわけではなく、予算が決まっていて、採用枠も限りがあります。

「入学してから申し込んだらいいや」と思っていても、進学した先に採用枠が残っていなければ、申し込むことができません。利用するかも…という場合は、後から辞退することも可能なので、申し込んでおくことをおすすめします。

なお、国の教育ローンを審査落ちした人のみが使える、入学時特別増額貸与というのがあります。これは奨学金の申し込み時に一緒に申し込んでおかないと利用できません。国の教育ローンの審査落ちの保険的な使い方もできます。

 

学費が用意できないから進学を諦めようか…と考えている方へ。あまり話題に上りませんが「放送大学」という手もあります

実は筆者、奨学金返済の重圧とか、教育費で莫大な借金を抱えた…というニュースを見るたびに、比較的安価に学べる大学のことをもっと周知すべきでは?と感じていました。

公共施設などでポスターが貼ってあったり、パンフレットが置かれたりしている放送大学って聞いたことありませんか?

放送大学文部科学省総務省所轄の「放送大学学園」が設置している正式な大学で、所定の単位取得をすれば大学卒業資格が取得できます。学費も安く、卒業までに必要な学費は約70万円です。国公立大学の1年分の学費にも満たない金額で、4年間学べるのです。もちろん正式な大学なので、日本学生支援機構奨学金も使えます。

学費が用意できないから…と進路をあきらめてしまう前に、安い学費で学べる大学という選択肢もぜひ知ってください。いったん就職した人や、専門学校など他の学校に通っている人もたくさん在籍しています。

www.ouj.ac.jp

 

なぜ放送大学押しをするかというと、筆者、実際に放送大学を利用したことがあり、幅広い年代の方の学ぶ熱気に感動した経験があるからなのです。某大学在学中に、とある資格取得に励んでいた筆者なのですが、1科目だけ単位取得できなかった科目がありました。そこで卒業後に放送大学で履修し、足りなかった単位を取得!晴れて資格取得がかない、放送大学の存在に本当に感謝しました。1科目単位での履修も可能なため、このような使い方もできるのです。

学んでいる人は社会人の方が多いですが、もちろん一般的な学生の年齢に当たるくらいの人もたくさんいらっしゃいましたよ!

 

放送大学については、おすすめポイントが多いので(笑)あらためて詳細をお伝えしたいと考えています!

 

高校から大学・専門学校などにかけての時期が、教育費のまさにピークです。あえて言いますが、もちろん夢や希望(さらに学力も…)だけでは、希望の進路をかなえることができません。教育費調達の問題は多くのご家庭で深刻ですが、いろいろ考えられる手段もあるはずです。このブログでは引き続き、教育費調達や教育ローンなどについての情報や話題を提供していきたいと思います。

 

参考リンク:

 今年国の教育ローンを使いたいと考えているなら、こちらも参考にしてください。

kyouikuloans.hatenablog.com