読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ローン&我が子の教育

教育ローンにまつわる奮闘と教育費情報について書いていきます

奨学金の審査、なぜ落ちた!?通らない場合、審査基準の中で重要なのは……

Sad

《このページでわかること》

奨学金利用の「基本的審査基準」とは?
審査落ちの理由は「所得制限」と「成績」が大半
奨学金と一緒に申し込みたい「国の教育ローン」
奨学金・国の教育ローンが使えない場合の学資調達方法
融資の早い「銀行カードローン」は緊急のつなぎ融資に!

大学生・専門学校生の半数以上が利用している奨学金は、国の教育ローンと並ぶ、教育費調達の第一選択肢です。

あたりまえのように、自分もしくはうちの子たちも使える、と思っていても、審査がある以上、予想外に審査落ちしてしまう可能性があります。教育費調達プランとして奨学金の利用を第一に考えていると、本当に慌ててしまいますよね。

「あの人が利用できて、どうして自分は審査落ちなの?」という疑問の声を、インターネット上でよく見かけます。実際のところ、奨学金の審査基準はどんな感じなのでしょうか?

この記事では、奨学金の申込み(審査)基準について具体的に解説し、さらに万一奨学金が使えない場合のお助け教育費調達方法をご紹介します。

実際に奨学金と国の教育ローンを利用して、わが子も大学在学中。筆者体験済みのガチ情報です。国の教育ローンでもさんざん苦労した【体験談】は以下のページでご覧ください。
【体験談】国の教育ローンを賢く申し込む方法!日本政策金融公庫の審査に通るには?

※この記事で取り上げている奨学金とは、独立行政法人日本学生支援機構奨学金制度奨学金です。大学ごとの独自の奨学金や、企業・団体・育英組織の奨学金など、その他の奨学金制度自体は色々とあります。それぞれ情報・内容が異なりますので、各団体などに確認してください。

奨学金の審査  目次

*教育費のつなぎ融資に使える、低金利の銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カドロンバンクイック

オリックス銀行カドロ

みずほ銀行カドロ

三井住友銀行カドロ

楽天銀行スーパーロ

奨学金、審査基準を教えて!

Worry Not

奨学金審査を通過するために、初めにどんな学生が利用可能なのか、申込資格を確認しましょう。

【重要】ーーーーーーー

ここで紹介する条件等は、主に大学・短期大学・専修学校に進学する人が、予約採用(入学前年度に高校などの在籍校から申込む方法)で申し込む時の情報にシフトしています。

奨学金の利用条件は、申込時期や進学先によって詳細に決められており、一律で簡単にお伝えすることができません。

在学採用(入学後、大学や専門学校での申込み)や大学院・高等専門学校に進学する場合は、数値や諸条件が微妙に異なります。かならず日本学生支援機構のホームページで該当する条件の内容をご確認ください。

申し込み条件はこんな学生

日本学生支援機構奨学金は、大学・短期大学・大学院・高等専門学校専修学校(専門課程:いわゆる専門学校含む)に在学する学生・生徒が利用できます。

つまり、対象の学校にすでに在学している人、もしくは進学予定の人が利用できる奨学金です。ただし、利用の際には決められた基準を満たす必要があります。

例えば、来年度大学進学を予定している生徒が、高校を通じて利用申し込みをする場合は、以下の条件が適応されます。

▼大学進学時の予約採用の場合


(1) 当該年度末(進学の前年度末)に高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業予定のこと。


(2) 高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業して2年以内で、かつ大学・短期大学・専修学校にまったく入学していない場合(浪人生など)も対象。


(3) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格している、入学前の人。まだ大学等へ入学したことのない人が対象。また、科目合格者で基準に該当する人。

 さらに奨学金の利用には、これらの卒業・卒業認定だけではなく、学力や家計の状況などに利用基準が設定されています。 

学力基準ってなに?

奨学金の利用には、以下のような学力基準があります。

▼大学進学時の予約採用の場合

利用条件:学力基準



第一種


(1) 高等学校又は専修学校高等課程の、1年から申し込み時までの成績評価の平均値が3.5以上


(2) 高等学校卒業程度認定試験大学入学資格検定)に合格した人、または科目合格者で基準に該当する人






第二種


(1) 高等学校又は専修学校(高等課程)での学業成績が平均水準以上


(2) 特定の分野において特に優れた資質能力を有する


(3) 大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある


(4) 高等学校卒業程度認定試験大学入学資格検定)に合格した人、または科目合格者で基準に該当する人 


奨学金には、貸与条件の異なる第一種・第二種という区分があり、求められる成績の数値(学力基準)に違いがあります。

第二種は学力基準が「平均水準以上」という、ややあいまいな表現になっています。しかし第一種の採用条件では、成績の評定値を厳密に3.5以上と決めています。

ただし、平成29年度以降の奨学金では、改定されている部分があります。

↓ 2017年度の奨学金採用基準をまとめました。

kyouikuloans.hatenablog.com

 〇給付型奨学金が始まる!

 以前から要望の高かった給付型奨学金ですが、2017年度分として一部先行実施、2018年度より本格実施される予定です。

2017年度は住民税非課税の世帯から、学習成績や学校活動などから学校推薦を得られた人が対象です。

現在、日本学生支援機構では給付型奨学金の相談窓口が開設されています。2017年4月28日まで利用可能。詳細はこちらで確認してください。

新たな奨学金制度に関する相談窓口の設置について/JASSO

↓ 2018年度から給付型奨学金の本格実施が決定しました!

kyouikuloans.hatenablog.com 

 〇第一種の学力基準緩和が始まる!

住民税非課税世帯の生徒で、学業・意欲に優れている、学校長推薦を受けられる場合は、第一種の学力基準(高等学校などの評定平均が3.5以上)が免除されるという新しいルールができました。

低所得世帯の生徒について~第一種奨学金の予約採用の追加募集~

新ルール下での、2017年度(平成29年度)の予約採用分の追加募集はすでに終了しています(2016年末までに終了)。今後の募集に関しては随時発表があると思われますので、情報にご注意ください。

↓ 2017年度の追加募集が始まっています。最新の情報です。

kyouikuloans.hatenablog.com

※第一種・第二種の違い、その他奨学金の情報は、こちらにも詳しく解説しています。どうぞご覧ください。

奨学金は学生の借金?ここが知りたい教育ローンQ&A 

家計基準の具体的な数字

奨学金を利用するには、審査があります。家庭全体の収入に上限金額が決められていたためで、これを「家計基準」といいます。したがって、申込みの際には、世帯全体の所得証明書や確定申告書の提出が必要です。

※選考の対象とされるのは家計を主に支える人(家計支持者)の収入(所得)ですが、申込み書類には収入のある他の家族がいれば、一緒に提出が必要です(パート・アルバイトや年金での収入も含む)。

家計基準は、給与所得者は年収ベースでチェックされ、それ以外の自営業者などは、所得で審査されます。

▼大学で予約採用の場合の家計基準

世帯人数

3人の場合の

年収上限

(カッコ内は所得)

4人の場合の

年収上限

(カッコ内は所得)

5人の場合の

年収上限

(カッコ内は所得)

第一種

692万円

(286万円)

781万円

(349万円)

896万円

(464万円)

第二種

1,033万円

(601万円)

1,124万円

(692万円)

1,274万円

(842万円)

第一種・第二種併用

633万円

(245万円)

720万円

(306万円)

858万円

(426万円)

家計基準も学力基準と同様に、第二種よりも第一種が厳しくなっています。また第一種・第二種を併用する場合は、さらに基準が厳しく設定されています。 

第一種で貸与される奨学金は貸与金額の設定が第二種よりも低いため、第一種・第二種を併用している学生は多いです。しかしその場合は基準が厳しくなるため、事前に家計の上限額をチェックしてください。

もしも基準より収入が多く併用できない場合は、第二種の方が貸与額が高いので、全て第二種にすることも検討が必要です。 

第一種と第二種で条件の違いはある?

第一種と第二種の最大の違いは…… 

★第一種 ⇒ 無利息貸与

★第二種 ⇒ 利息あり

ずばり、利息の有無です!

家計の状況がかなり厳しく、かつ優秀な学生に、無利息という有利な条件で貸与するのが第一種奨学金です。したがって、第一種の方が当然採用は厳しくなります。

【注意】最近「給付型奨学金」がニュースで取り上げられることが増えましたが、第一種も貸与奨学金なので、返還が必要です。給付型奨学金については、上の方の「学力基準について」の項目をご覧ください。

第一種奨学金では、学生本人に障害があったり、家庭に長期療養者がいる場合など、学力・家計基準が優遇されるケースがあります(ただし必ず採用されるわけではありません)。該当する場合は個別にご確認ください。 

審査内容は他のローンと一緒?違う?

利用条件が詳細に決められている奨学金ですが、審査の流れそのものは一般的なローンと同じと思ってOKです。

例えば、一般的なローン審査の場合、申し込み者の信用情報を個人信用情報機関に照会します。多額の借金の有無や、延滞などのブラック事故情報の有無などを信用情報から確認します。

奨学金の申込者は就学者本人なのですが、家計状況を把握するために、提出書類に記入した保護者の信用情報が照会されます。審査では利用条件が見られますが、それ以外にも保護者の個人情報の内容が参照されるため、当然ながら信用情報で落とされる場合もあります。

なお補足ですが、奨学金の利用には連帯保証人が必要です。親戚に頼める人がいない場合や、保証人を頼みたくない場合は、機関保証制度を利用する、という手もあります。日本学生支援機構では、保証機関に(公財)日本国際教育支援協会を指定しています。毎月一定額の保証料の支払いが必要で、貸与金から差し引かれる形になります。

圧倒的な低金利が魅力の奨学金ですが、保証機関を利用すると、貸与額によっては数パーセントが保証金として差し引かれてしまうケースもあります。保証人を立てるか、機関保証を使うかは、いったん選択すると途中で変更できません。保証料の金額をホームページで確認し、よく検討してから選ぶようにしましょう。

【参考】(公財)日本国際教育支援協会 平成28年度採用者 保証料月額(目安)

特に重要なのは成績と家計基準

Worried Rabbit

奨学金の本来の主旨は、学ぶ意欲が高いけれど経済的に苦しい学生をフォローしよう、というものです。したがって、利用に際しても、学ぶ意欲と家計の状況が選考の対象とされるのは、ある意味当然です。 

進学前の成績ってそんなに大切?

奨学金は、学生が自立して真面目に学問に取り組むために貸与されます。したがって、成績が基準に達していないケースでは、本当に採用されない場合があります。誰でも通る、とタカをくくっていて、慌てるケースがない訳ではありません。

家計基準にも充分合致しているのになぜ落とされたのか…?という場合は、進学にあたり成績が十分でないと判断されたかもしれません。

また貸与が開始された後でも、不真面目で学ぶ姿勢に問題があった場合や、成績が著しく悪い場合は、貸与が打ち切りになる可能性があります。

奨学金の利用期間中は、毎年継続申し込みと年間の収支報告の義務があります。

その際に、平たくいうと成績が悪い場合は継続できないケースがある、と念押しされます。そのうえで、貸与された金額や学生生活にかかったお金の内訳を報告しなくてはならず、貸与額が適正でないと判断された場合は、増額または減額の指導が入るケースもあります。また、授業態度(欠席の割合)なども報告義務があり、奨学金の貸与に疑問を持たれた場合は、継続できないことになります。

奨学生として採用されたなら、入学後も油断せず、積極的に勉学に取り組む覚悟が必要です。 

家計基準は「目安」なの?

奨学金審査が、一般の教育ローンやカードローンなどの審査と異なる点は、利用する人の年収の上限が定められている点です。

カードローンやキャッシングの審査であれば、年収が高く返済能力の高い人ほど通りやすいものです。しかし奨学金は、経済的に教育費の負担が大きい人への貸与を目的にしていますので、十分に収入がある家庭の学生は利用できません。年収上限は「目安」と言われていますが、実はしっかり選考されていて、奨学金審査落ちの最大の理由です。

なお公的ローンで「国の教育ローン(日本政策金融公庫の教育一般貸付)」というものがあります。これは、家計の状態から教育費の捻出が厳しい人に、低金利で貸し付けを行う国の事業です。

こちらも一般の銀行の教育ローンとは異なり、奨学金と同様に収入の上限設定があります。扶養している子供の数に応じて上限金額が変わるなど、利用条件が色々とあります。こちらも参考にしてください。

【体験談】国の教育ローンを賢く申し込む方法!日本政策金融公庫の審査に通るには? 

奨学金が使えない!どうすればいい?

Worry

完全にあてにしていた奨学金が利用できない事態になると、途方に暮れてしまいます。しかし、審査が行われている以上、選考に落ちて利用できないケースは実際にあり得ます。(余談ですが、第一種で申し込んだのに第二種採用になった、などは本当に良くある話です。つまり、本当にしっかり審査されているのです!)

奨学金が使えなくなった場合、そのあとの教育費の調達は、いったいどうすればよいでしょうか。

もうひとつの選択肢は国の教育ローン

奨学金と合わせて、多くの家庭が初めに検討・利用するのが、国の教育ローン(日本政策金融公庫の教育一般貸し付け)です。

奨学金を申込むとともに、併用で国の教育ローンも申し込む人が多くなっています。

これは奨学金と国の教育ローンの借り入れ時期に違いがあるためです。

奨学金の貸与開始は入学後の5月頃のため、入学前に収める入学金や授業料には使えません。そのため、自己資金で納入金を用意できない場合は、国の教育ローンで入学金などを用意するのが一般的です。

また、国の教育ローンと一緒に奨学金を申し込んでおくと、万一国の教育ローンが審査落ちで使えない場合、入学時特別増額貸与という一時増額制度をつかうことができます。利用には国の教育ローンが利用できなかった通知を提出しますが、あらかじめ奨学金の手続時に希望申請しておきます。

国の教育ローンは、子供一人当たり350万円まで利用できます。例えば子供が二人いれば、合計700万円まで利用可能です。2017年2月現在の金利1.81%で、奨学金よりは高いですが、一般の銀行教育ローンと比較するとやはり低金利です。

また、奨学金は学生本人の借り入れになりますが、国の教育ローンは借り主が保護者なので、保護者の借金になります。奨学金は低金利で助かるけど、子供に借金を背負わせたくないという理由で、国の教育ローンを選ぶという人もいます。

国の教育ローンは借り入れ対象の学校が多く、借入金の使途(使いみち)も柔軟なので、入学前の受験費用や、教材費・生活費等の学生が必要なあらゆる費用に使える点が魅力的です。

注意点としては、国の教育ローンも奨学金と同様に、申込みに世帯年収の上限が決められていることです。奨学金を年収オーバーで落ちてしまった場合、国の教育ローンも利用できない可能性があります。世帯年収の上限は一律ではなく、世帯にいる子供の数に応じて決められています。

国の教育ローンと奨学金の違いについては、こちらに詳しくまとめてあります。ぜひご一読ください。

国の教育ローンと奨学金はココが違う!学生本人が返済するのはどちら? 

使える教育費調達方法

教育費調達の定番として有名な奨学金と国の教育ローンですが、ほかにも以下のような手段があります。

〇大学独自の奨学金や企業・団体の奨学金を活用

大学などでは、たいてい学校や大学後援会、OB会などが貸与している奨学金があります。志望校を考える際に、大学等の独自の奨学金についても調べておくと、後々役立つかもしれません。

ただし学校独自の奨学金は、大学によってかなり内容が異なります。奨学金制度が手厚いかどうかも、志望校選びのひとつの着眼点になるかも知れませんね。

その他、企業や財団法人、NPOなど各種団体・育英団体などが貸与している奨学金が結構あります。特定の条件(出身都道府県や課外活動、障害など)で募集しているケースもあります。注意して探すと給付型(返還不要型)の奨学金もない訳ではありません。

企業や団体の奨学金は、大学側が情報を出しているケースもありますが、基本的には自分で探さなくてはいけません。多くはインターネットで調べられます。条件・審査は厳しいでしょうが、ぜひチャレンジしてみてください。

〇一般銀行の教育ローンを利用

利用できる確率を考えると、一か八かの企業などの奨学金より、一般の銀行教育ローンがおすすめです。

借り主は保護者で、おおむね限度額が高く、十分な資金が用意できるのが特徴です。奨学金や国の教育ローンのように収入の上限枠はなく、むしろ多い方がOK。信用情報に他の借入の延滞など不備がなく、安定収入があってきちんと返済可能と判断されれば、審査通過できるでしょう。

銀行教育ローンは、希望額を申し込んでで1回ずつ審査する形となっており、国の教育ローンと同じ方式です。したがって、追加融資なども申し込み1回毎に独立したローンとして扱われますが、最近は地方銀行などでカードローン型の銀行教育ローンを見かけることがあります。

運よく身近にカードローン型教育ローンがあれば、急な教育費の補てんには絶対便利!審査通過後は限度額内で繰り返し借り入れ・返済できるので、追加融資で再度審査を受ける手間もなく、手続きが大幅に楽になります。

銀行教育ローンはいつでも申し込みできる上に、銀行取扱いという安心感があります。しかし金利をみると、奨学金などよりはやはり高めになっています。入学シーズンなどに限り、各銀行ともキャンペーンで金利を下げていますので、上手く金利引き下げのタイミングを見計らって利用してください。

〇祖父母から教育資金の非課税贈与

幸いなことに、祖父母から教育費援助が受けられる場合は、非課税贈与の制度を利用しましょう。当初2015年末までの予定でしたが、2019年3月まで期間延長されています。

この制度は、教育費として贈与する場合に限り、一人当たり1500万円まで非課税になる制度です。高額を非課税で贈与できるメリットがある一方で、専用口座を設ける必要があるほか、贈与金の利用使途が細かく決められているため、不便な点もあります。

また、一括して大金を贈与できることから、贈与される孫側の放漫につながったり、不公平な贈与が兄弟間など家族のトラブルになることがあります。贈与する側・される側いずれも、十分話し合いを行い、決定するようにしてください。

教育費の急な出費は銀行カードローンで乗り切る!

Worried

さて、このページでは、奨学金審査の内容や利用条件、そのほかの教育費の調達方法まで色々な教育費情報をお伝えしました。

そのうえで質問です。紹介したこれらの教育費調達方法に、共通したデメリットがあるのに気付かれたでしょうか?

実は奨学金や国の教育ローン、銀行などの教育ローン、いずれも申込みから実際の借り入れまでに、時間がかかるんです。

国の教育ローンは申込みから融資まで20日と案内されていますし、銀行教育ローンも2週間程度は見ておいた方が良いでしょう。したがって、急に教育費の補てんが必要になった場合は、どうしたら良いでしょう?

納付金の期限に間に合わなかったり、追加融資に時間と手間がかかったりして、教育費がピンチになった場合は、スピード融資の銀行カードローンを上手に使うのがおすすめです。

〇教育費調達のピンチには、使途自由な銀行カードローンで乗り切る!

近年、大手都市銀行が争うように銀行カードローンをプッシュしています。例えばこのようなカードローンです。 

  三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

  オリックス銀行カードローン

  みずほ銀行カードローン

銀行取扱いの安心感や申し込みやすさに加え、一度審査を受けたら決められた限度額内で自由に出し入れができる利便性が人気の理由です。

銀行カードローンは事業性資金以外には自由に使えます。したがって、教育費としても使うことも可能。三菱東京UFJ銀行バンクイックなどは、最短で即日融資ができるので、急に教育資金が必要になった時でも助かります。

進学費用や教育費は、まず入学時に初回の納入金でまとまった額が必要です。しかし、教育費はそれで終わりではありません。半年ごとに授業料の納付がある他、研修費だ、教材費だ、……と、継続的に細々とした費用が必要になります。そんな場合の突然の出費にも、銀行カードローンなら即日準備することができます。

ただ、銀行カードローンは、国の教育ローンなどと比較するとやはり金利は高めです。したがって、まずは銀行カードローンでつなぎ融資を受けておき、後でゆっくり低金利教育ローンの手続きを行いましょう。1か所で借りっぱなしにせず、賢く借り換えしながら上手に回すのが、教育費調達の上級者です。

*教育費のつなぎ融資に使える、低金利の銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カドロンバンクイック

オリックス銀行カドロ

みずほ銀行カドロ

三井住友銀行カドロ

楽天銀行スーパーロ

以上、「奨学金の審査、なぜ落ちた!?通らない場合、審査基準の中で重要なのは……」という内容でした。

参考リンク:

奨学金の将来の延滞を防ぐ方法は、実は申し込み時にあることが分かりました。これから利用する学生や保護者の方は、こちらの興味深い報告をぜひご一読ください。

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com

kyouikuloans.hatenablog.com